野菜と身体は、食べることを通して、生きる、健康、季節と身体の調和、美しさ、などの関係性の始まりとなる、間柄です。なので、是非、旬に採れるいろ〜んな野菜を、日々の食卓で食べていただき、春夏秋冬の中の、お仕事や遊び、日々の生活を満喫していただきたいです。
そのために、佐久間農園では、野菜と身体の関係のために必要だなって感じたことを、このページで書かせていただきます。当たり前なことや、何これ?などと思うこともあるかもしれませんが、よろしくお願いします。
​せっかくの与えられた身体のための、日々の食卓、楽しみましょー。
「野菜と身体にある、栄養と美味しさのためにも、新鮮さを!」
 
やさいと身体は生ものです。なので鮮度は落ちてく一方です。せっかくのいただく命、その鮮度がいいうちに頂くのが、野菜のためにも​なります。鮮度落ちれば、おいしさ、栄養も失われていき、野菜と人にとって、せっかく頂く命がもったいないです。人の健康は、それに支えられている自然の健康から始まるものでもあります。その健康の一つの条件、「新鮮さ!」。それを確実に食べる人に届けるために、佐久間農園では、採れたやさいを直接ご自宅までお届けします。そんな人々は、心強い支えとなっております。
​新鮮、旬の野菜セットお届けしています、ぜひお試しください!
「佐久間農園の有機野菜と季節で変わる栄養素特集。」
季節で入れ替わる野菜、それは体が求める栄養素が変わっていく。自然に。そのことは、季節と身体は密接に関わり、その橋渡しするのは、旬の農産物、海産物を教えてくれます。暑いとき。寒いとき。それに伴う体の変化。その身体の声に耳をしっかり傾け、食べ物を口にする。その口にするものは、誰かの口から発する言葉からでも、合点すれば変わる。だからこそ、季節とともに、自然と生きる、生き物に目にしている第一次産業者、その声は聞いておく
のは大切だと考えます。
そんなこんなで、季節の野菜と栄養をお伝えします。
                     春
きぬさや・・・ビタミンC。βカロチン。ビタミンB1。
ねぎ・・・・・硫化アリル。βカロチン。カルシウム。ビタミンK。葉酸。
玉ねぎ・・・・ケルセチン。硫化アリル。カリウム
なば菜・・・・ビタミンC。βカロチン。ビタミンE。イソチオシアネート。
里芋・・・・・ムチン。ガラクタン。カリウム。
さつまいも・・でんぷん。カリウム。ヤラピン。アミラーゼ。
キャベツ・・・ビタミンU。ビタミンC。イソチオシアネート。
ほうれん草・・ビタミンC。βカロチン。カリウム。マグネシウム。
​以下製作中。